読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の部屋

音楽関係の記事を書いてます。シンプルにしたいので内容は薄いですが何かの参考になれば良いかなと思います。

水の部屋

スピッツ/花鳥風月(1999) 感想

アルバム スピッツ ロック 感想 邦楽 1999年 90年代

f:id:mizunoheya:20160807004458j:plain

お気に入り度

流れ星        7.5

愛のしるし      7.0

スピカ        9.0

旅人         7.0

俺のすべて      7.0

猫になりたい     7.5

心の底から      6.5

マーメイド      7.0

コスモス       7.0

野生のチューリップ  7.5

鳥になって      6.5

おっぱい       7.5

トゲトゲの木     7.5

 

総評:S

 

一曲ずつ(あれば)一言

「流れ星」

イントロが美しい。あとイントロが美しい。

 

「スピカ」

サビの破壊力がものすごいですよね。Bメロも良いです。

マサムネとテツヤが目配せしながら間奏を弾いてたのがよく印象に残っている。

 

「マーメイド」

ラスサビのギターがチョーキングしまくりで面白い。

 

コスモス

こういう暗い曲はわずかな盛り上がりがひどく心に響くのだ。

 

「野生のチューリップ」

ずっとサビって感じがする。

 

「おっぱい」

スピッツあんまり知らない人に聴かせたい。

 

「トゲトゲの木」

とても切ない。

 

おすすめ度:★★★★★

裏ベスト的なアルバムなんだけどほんとに捨て曲なしですよ。

おすすめです。