読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の部屋

音楽関係の記事を書いてます。シンプルにしたいので内容は薄いですが何かの参考になれば良いかなと思います。

水の部屋

スピッツ/フェイクファー(1998) 感想

アルバム スピッツ ロック 感想 邦楽 1998年 90年代

f:id:mizunoheya:20160806115226j:plain

お気に入り度

エトランゼ        6.0

センチメンタル      7.0

冷たい頬         9.0

運命の人(Album Vesion)  7.0

仲良し          7.5

楓            7.0

スーパーノヴァ      6.5

ただ春を待つ       6.5

謝々!           6.0

ウイリー         6.0

スカーレット(Album Mix)  8.0

フェイクファー      8.5

 

総評:A

 

一曲ずつ(あれば)一言

「冷たい頬」

スピッツで一番好きかな。ギター初めて最初に練習した曲だった。

 

「運命の人(Album Version)」

半音下げ。イントロがうるさい。

 

「楓」

c/wのスピカとの組み合わせが最高ですよね。

 

「スカーレット(Album Mix)」

サビ後半のメロディが癖になります。

 

「フェイクファー」

ラストのサビ(?)が良いよね、このために聴いてると言っても過言じゃない。

ギターソロもかっこよい。

 

おすすめ度:★★★★☆

なんだかんだでスピッツで一番聴いてるアルバムになっている。

ただ人を選ぶ作品じゃないかな、とは思う。