読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の部屋

音楽関係の記事を書いてます。シンプルにしたいので内容は薄いですが何かの参考になれば良いかなと思います。

水の部屋

スピッツ/ハチミツ(1995) 感想

アルバム スピッツ ロック 名盤 邦楽 感想 1995年 90年代

f:id:mizunoheya:20160805001243j:plain

お気に入り度

ハチミツ        7.5

涙がキラリ☆      7.0

歩き出せ、クローバー  6.0

ルナルナ        7.5

愛のことば       8.0

トンガリ'95        6.5

あじさい通り      7.5

ロビンソン       9.0

Y           6.5

グラスホッパー     6.5

君と暮らせたら     6.5

 

総評:A+

 

一曲ずつ(あれば)一言

「ハチミツ」

さわやか。PVはなんだか懐かしい気持ちになる。

 

「ルナルナ」

ベースが難しそう。

 

「愛のことば」

個人的にあまり目立つ曲じゃなかったが、2014年にドラマで使われたときに改めて聴いて、お気に入りになった。

 

「トンガリ'95」

ギターソロが難しそう。

スピッツの中では最難関じゃないかと思う。

 

「あじさい通り」

イントロのネチョネチョしたシンセとジャキジャキのギターの組み合わせが妙に癖になる。

間奏のギターはディレイが哀愁を漂わせてこれまた良い。

 

「ロビンソン」

名曲中の名曲。

なんといってもイントロのギターがたまらんよね。

 

おすすめ度:

聴きなさい。