読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の部屋

音楽関係の記事を書いてます。シンプルにしたいので内容は薄いですが何かの参考になれば良いかなと思います。

水の部屋

スピッツ/空の飛び方(1994) 感想

f:id:mizunoheya:20160802143816j:plain

お気に入り度

たまご             6.5

スパイダー           6.5

空も飛べるはず(Album Version)  8.0

迷子の兵隊           5.5

恋は夕暮れ           6.0

不死身のビーナス        8.0

ラズベリー           7.5

ヘチマの花           7.0

ベビーフェイス(Album Version)  5.5

青い車(Album Version)      7.0

サンシャイン          8.0

 

総評:B

 

一曲ずつ(あれば)一言

空も飛べるはず

小学生の頃、スピッツを知るきっかけとなった曲だった。

イントロのギターがたまらんね。

 

「不死身のビーナス」

ギターがダサかっこいい。

 

ラズベリー

Bメロがツボ。

 

「ヘチマの花」

良いメロディだ。でもなぜこのアレンジにしたのか。

 

「サンシャイン」

ノスタルジックな曲である。シンセが効いてる。

 

おすすめ度:★★★☆☆

前作よりだいぶ落ち着いたが、まだポップ感の残る仕上がりだ。

でも有名な曲も収録されているので、初めての人も聴きやすいかも知れない。