読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の部屋

音楽関係の記事を書いてます。シンプルにしたいので内容は薄いですが何かの参考になれば良いかなと思います。

水の部屋

スピッツ/名前をつけてやる(1991) 感想

スピッツ ロック 邦楽 名盤 アルバム 感想 1991年 90年代

f:id:mizunoheya:20160725002639j:plain

お気に入り度

ウサギのバイク      6.5

日曜日          7.0

名前をつけてやる     7.5

鈴虫を飼う        7.5

ミーコとギター      8.0

プール          8.5

胸に咲いた黄色い花    8.0

待ち合わせ        6.5

あわ           7.0

恋のうた         7.5

魔女旅に出る       7.0

 

総評:S+

 

一曲ずつ(あれば)一言

 「ウサギのバイク」

マサムネが好きらしい。僕も。

 

「日曜日」

初めてでも聴きやすかった思い出がある。

 

「名前をつけてやる」

良い曲なのだが、なんだか地味だ。

 

「鈴虫を飼う」

テツヤ作曲。聞きやすいメロディだ。マサムネ作曲と言われてもたぶん疑わない。

 

「プール」

ギターを重ね録りしているらしく、イントロはそれはもう水中を漂っているような、そんな、気持ちだ。若干サイケっぽい雰囲気もあり異彩を放っているが、違和感なくアルバムに収まっている。

 

「胸に咲いた黄色い花」

実に良いメロディである。

 

「あわ」

なかなか異様な雰囲気である。

 

魔女旅に出る

ストリングスを取り入れており、間奏が感動的。

 

おすすめ度:★★★★★

名盤。

なにがあってか前作と比べアレンジが多彩になった。

でもサウンドのショボさはあまり変わっていない。